恵比須舁(読み)えびすかき

精選版 日本国語大辞典「恵比須舁」の解説

えびす‐かき【恵比須舁・戎舁】

〘名〙 近世、新年に各戸を回った傀儡師(くぐつし)一種。兵庫県西宮市の恵比須神社付近を根拠地とし、首に掛けた箱の中でえびす神の人形を舞わせ、豊漁を祝い、えびす神の御影(みえい)を配って近畿一帯を回った。のちには、えびす神以外の人形も遣い、人形浄瑠璃の発達に大きな影響を与えたという。えびすまわし。《季・新年》
御湯殿上日記‐天正一一年(1583)正月一〇日「ゑひすかきまいりて、御くるまよせにてまいまいらする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android