恵比須(読み)エビス

デジタル大辞泉「恵比須」の解説

えびす【恵比須/夷/戎/恵比寿/蛭子】

《「えびす」と同語源》古くは豊漁の神。のち七福神の一人として、生業を守り、福をもたらす神。狩衣かりぎぬ指貫さしぬき風折烏帽子かざおりえぼしをつけ、右手に釣りざおを持ち、左わきにたいをかかえている。
[補説]歴史的仮名遣いは「えびす」で、「恵(ゑ)」の字は仮名遣いを無視した当て字

えべす【恵比須】

えびす」の音変化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「恵比須」の解説

恵比須 えびす

七福神の一神。
商売繁盛(はんじょう)や豊漁・豊作をもたらす福徳の神。烏帽子(えぼし)をかぶり,釣り竿をもち,鯛をかかえた姿であらわされる。兵庫県の西宮神社では,蛭児(ひるこ)または事代主命(ことしろぬしのみこと)と習合して信仰される。恵比寿,,,蛭子ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android