コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恵比須/夷/戎/恵比寿/蛭子 エビス

デジタル大辞泉の解説

えびす【恵比須/夷/戎/恵比寿/蛭子】

《「夷(えびす)」と同語源》古くは豊漁の神。のち七福神の一人として、生業を守り、福をもたらす神。狩衣(かりぎぬ)指貫(さしぬき)風折烏帽子(かざおりえぼし)をつけ、右手に釣りざおを持ち、左わきに鯛(たい)をかかえている。
[補説]歴史的仮名遣いは「えびす」で、「恵(ゑ)」の字は仮名遣いを無視した当て字。

えべす【恵比須】

えびす」の音変化。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恵比須 えびす

七福神の一神。
商売繁盛(はんじょう)や豊漁・豊作をもたらす福徳の神。烏帽子(えぼし)をかぶり,釣り竿をもち,鯛をかかえた姿であらわされる。兵庫県の西宮神社では,蛭児(ひるこ)または事代主命(ことしろぬしのみこと)と習合して信仰される。恵比寿,夷,戎,蛭子ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

えびす【恵比須】

宮崎の芋焼酎。販売元創業以来の銘柄。製造は「寿海酒造」が行う。原料はさつま芋、米麹。アルコール度数20%、25%、35%。販売元の「近藤醸造」は明治24年(1891)創業。所在地は日南市大堂津。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

大辞林 第三版の解説

えべす【恵比須】

「えびす(恵比須)」の転。 「 -様」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

恵比須/夷/戎/恵比寿/蛭子の関連キーワード恵比須大黒・夷大黒・蛭子大黒若恵比須・若夷・若戎掻っ込め・搔っ込め恵比須舞・戎舞恵比須顔・夷顔借る時の地蔵顔出雲今市土人形恵比須の魚風折烏帽子恵比須三郎恵比須舁き恵比須切れ恵比須迎ええべっさん恵比須祭り恵比須回しべったら市二十日戎首掛芝居掻っ込め

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android