コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惲南田 ウンナンデン

大辞林 第三版の解説

うんなんでん【惲南田】

惲格うんかくの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南田
うんなんでん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の惲南田の言及

【惲寿平】より

…中国,清代初期の画家。常州(江蘇省武進)の人。初名は格,字の寿平が通行したため,のちに字を正叔と改めた。号は南田,白雲外史,甌香(おうこう)散人など。四王呉惲の一人。はじめ伯父の惲向に画を学び,瀟洒な山水を描いたが,中年以後没骨(もつこつ)写生の花卉(かき)画により一家をなした。門下に馬元馭(ばげんぎよ),鄒顕吉,蔣廷錫(しようていしやく),惲冰(うんひよう),張子畏らがいる。常州派の中心画家で,清代の花鳥画に多大な影響を与えた。…

※「惲南田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

惲南田の関連キーワード惲寿平張秋谷椿椿山別名