コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惲格 ウンカク

3件 の用語解説(惲格の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うん‐かく【惲格】

惲寿平(うんじゅへい)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うんかく【惲格】

1633~1690) 中国、清代の画家。江蘇省出身。字あざなは寿平、号は南田など。明末清初の六大画家四王呉惲しおうごうんの一人。没骨もつこつ写生画風の着色花鳥画を得意とし、常州派と呼ばれた。画論に「南田画跋」がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


うんかく
(1633―1690)

中国、清(しん)代初期の文人画家。四王(王時敏(おうじびん)、王鑑(おうかん)、王(おうき)、王原祁(おうげんき))に呉歴(ごれき)格を加えて、四王呉(しおうごうん)または清初の六大家とよぶ。初名を格、字(あざな)を寿平(じゅへい)といったが、のち寿平が通常の名となり、正叔と字(あざな)す。号は南田(なんでん)。別に雲渓外史、白雲外史、東園草衣とも号した。常州(江蘇(こうそ)省武進県)出身で、もとは名家の出であったが、彼の生まれた明(みん)末には貧窮し、在野の画家として一生を過ごし、清貧のうちに56歳で没した。詩文とともに書もよくした。王と親交を結び、王の山水に優れているのをみて、山水画を断念して花鳥画に専心したと伝える。著色没骨(もっこつ)の写生画風をもってそれまでの花鳥画に新生面を開き、以後の清朝花鳥画の一典型となった。この花鳥画風は常州派とよばれ、この派から蒋延錫(しょうえんしゃく)、鄒一桂(すういっけい)、銭大(せんたいきん)が出た。[星山晋也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の惲格の言及

【惲寿平】より

…中国,清代初期の画家。常州(江蘇省武進)の人。初名は格,字の寿平が通行したため,のちに字を正叔と改めた。号は南田,白雲外史,甌香(おうこう)散人など。四王呉惲の一人。はじめ伯父の惲向に画を学び,瀟洒な山水を描いたが,中年以後没骨(もつこつ)写生の花卉(かき)画により一家をなした。門下に馬元馭(ばげんぎよ),鄒顕吉,蔣廷錫(しようていしやく),惲冰(うんひよう),張子畏らがいる。常州派の中心画家で,清代の花鳥画に多大な影響を与えた。…

※「惲格」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone