愛のぬくもり

デジタル大辞泉プラスの解説

愛のぬくもり

スウェーデンのハルムスタッド出身の男女デュオ、ロクセットの曲。1987年に「クリスマス・フォー・ザ・ブロークン・ハーテッド」のタイトルで発表。その後1990年公開のアメリカ映画「プリティ・ウーマン」の挿入歌に採用された際に改題。全米第1位を獲得し、ビルボード年間チャートでも第2位を記録した。原題《It Must Have Been Love》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android