コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感覚主義 かんかくしゅぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

感覚主義
かんかくしゅぎ

感覚論」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の感覚主義の言及

【感覚】より

…また感覚の要素的性格は,〈単純観念〉がいっさいの知識の材料であるとする考えの中に表現されている。ロックの思想はバークリーおよびD.ヒュームによって受け継がれ,さらに19世紀の後半マッハを中心とする〈感覚主義〉の主張中にその後継者を見いだす。マッハは伝統的な物心二元論を排し,物理的でも心理的でもない中性的な〈感覚要素〉が世界を構成する究極の単位であると考えた。…

※「感覚主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

感覚主義の関連キーワード形式主義(美学)センシュアリズムフランス哲学非合理主義ロココ美術ホルテル六師外道模写説

感覚主義の関連情報