コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感覚受容器 かんかくじゅようき

世界大百科事典内の感覚受容器の言及

【感覚】より

…感覚器官に加えられる外的および内的刺激によって引き起こされる意識現象のこと。
【哲学における感覚】
 仏教用語としては古くから眼識,耳識,鼻識,舌識,身識(これらを生じさせる五つの器官を五根と称する)などの語が用いられたが,それらを総称する感覚という言葉はsensationの訳語として《慶応再版英和対訳辞書》に初めて見える。日常語としては坪内逍遥《当世書生気質》などに定着した用法が見られ,また西田幾多郎《善の研究》では知覚と並んで哲学用語としての位置を与えられている。…

※「感覚受容器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

感覚受容器の関連キーワードベル=マジャンディの法則順応(生物学、心理学)反射(生体)ハートラインセンシング中枢神経系屈曲反射平衡障害皮膚感覚感覚神経心臓反射触覚器つかむ感覚野反射弓共感覚脊髄感覚大脳神経

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

感覚受容器の関連情報