コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成義 せいぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成義
せいぎ

義認」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の成義の言及

【義認】より

…これを〈義認〉と〈聖化〉といい,ラテン語ではjustificatioとsanctificatioと呼ばれる。カトリックがこれを成義と成聖と訳しているのは,救いが形をとって実現することに重点をおいて考えているからである。その場合,人間の側での条件や段階を表すために功績や恩寵の種類をあげることになる。…

※「成義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

成義の関連キーワード常磐津小文字太夫(5代)金日成(きんにっせい)尾上 菊五郎(6代目)高年齢者雇用安定法キリスト教用語集四千両小判梅葉め組の辰五郎井口 喜源治歌舞伎年代記田村寿二郎粟屋 活輔井上竹次郎井口喜源治2月1日幸野楳嶺就業規則歌舞伎座目論見書パリ協定江戸三座

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

成義の関連情報