コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手全し テマタシ

デジタル大辞泉の解説

て‐また・し【手全し】

[形ク]人柄が実直である。律義である。
「しゃれたる女を成る程―・く作りて(実ハ)物盗りの腰本」〈浮・織留・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てまたし【手全し】

( 形ク )
手がたい。実直である。 「しやれたる女を成る程-・く作りて/浮世草子・織留 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

手全しの関連キーワード浮世草子人柄