西鶴織留(読み)さいかくおりどめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西鶴織留
さいかくおりどめ

浮世草子井原西鶴作。6巻5冊。元禄7 (1694) 年刊。『本朝町人鑑』 (2巻) 9話と『世の人心』 (4巻) 14話とから成り,『日本永代蔵』『世間胸算用』と合せて町人物3部作を形成する。西鶴没後,門人北条団水によって編まれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さいかくおりどめ【西鶴織留】

浮世草子。六巻。井原西鶴作。1694年刊。西鶴の遺稿を門人北条団水が編纂・刊行したもの。致富成功談を描いた前半「本朝町人鑑」と、人心の機微を追求した後半「世の人心」から成る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さいかくおりどめ【西鶴織留】

浮世草子。六巻。井原西鶴の第二遺稿集。北条団水編か。元祿七年(一六九四)刊。成稿は、「本朝町人鑑」の内容を持つ巻一、二が元祿元年ごろ、巻三~六の「世の人心」が元祿二、三年ごろか。巻一、二は「日本永代蔵」を直接うけつぎ、当時の経済状況の中で生まれる町人層の悲喜劇を小説的に描くが、巻三~六は、より広い視野から町人のさまざまな生きざまを随想的に把握している。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android