手妻遣い(読み)テヅマツカイ

大辞林 第三版の解説

てづまつかい【手妻遣い】

手品遣い。手品師。 「子供は又一生懸命に-の方ばかり注意しだした/明暗 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる