コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手開き てびらき

2件 の用語解説(手開きの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

てびらき【手開き】

イワシのように、身がやわらかく小骨の多い魚に用いる開き方。頭と内臓を取ってから、包丁を使わずに親指を中骨に沿わせるようにして身を開く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

てびらき【手開き】

料理で、包丁を使わずに手で魚を開くこと。頭と内臓を除き、指を入れて腹を開き、中骨をはがすように取る。いわしなどに用いる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手開きの関連キーワード包丁包丁人背開き手捻り手掘り一文字切り手巻洋包丁和包丁手揉み製茶

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手開きの関連情報