打ち越し酒(読み)ウチコシザケ

デジタル大辞泉の解説

うちこし‐ざけ【打ち越し酒】

酒宴の席で、席順などによらず、名ざしで杯を差すこと。
「酔(よ)ひのまぎれに年一つ―の二年酔(にねんゑひ)かな」〈虎明狂・餅酒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うちこしざけ【打ち越し酒】

酒席で席次によらないで、名指しで差す杯。 「年一つ-の二年酔えいかな/狂言・餅酒」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android