コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

餅酒 もちさけ

世界大百科事典 第2版の解説

もちさけ【餅酒】

狂言の曲名。脇狂言百姓物。大蔵,和泉両流にある。加賀の国の百姓が,大雪のために延引ていた去年の年貢物の菊酒を,上頭(うえとう)(京都にいる荘園の領主)に納めるため上京する。途中,これも去年の年貢として鏡餅を納めに行く越前の国の百姓と道づれになる。都の御館(みたち)に着くとちょうど折ふしの歌会で,年貢延引の罰として,奏者(そうじや)(取次役)に歌を詠めといわれる。加賀は〈飲み臥せる宵のまぎれに年一つ打ち越し酒の二年酔ひかな〉,越前は〈年の内に餅はつきけり一年を去年(こぞ)とや食はん今年とや食はん〉と詠んで,万雑公事(まんぞうくじ)(諸課税)を赦免され大喜びしたところ,その高声をとがめられて今度は大きな歌を詠めといわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

餅酒の関連キーワード間水・硯水・建水折り入るしし申し椀飯振舞つっと御通り御座るなりと支える寝覚め柳酒申す梅酒がの過怠曲事円鏡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

餅酒の関連情報