コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扱きる コキル

デジタル大辞泉の解説

こき・る【扱きる】

[動ラ下二]《「こきいる」の音変化》しごき取って入れる。
「池水に影さへ見えて咲きにほふあしびの花を袖に―・れな」〈・四五一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こきる【扱きる】

( 動下二 )
〔「扱き入る」の転〕
しごき取って、袖などに入れる。 「藤波の花なつかしみ引攀ぢて袖に-・れつ/万葉集 4192

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

扱きるの関連キーワード

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android