コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扱き シゴキ

デジタル大辞泉の解説

しごき【扱き】

しごくこと。細長いものなどを手で握りしめ、引き抜くように動かすこと。
きびしく鍛えること。「先輩の扱きにあう」
扱き帯」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しごき【扱き】

しごくこと。
厳しく鍛練すること。 「 -を受ける」
「扱き帯」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

扱きの関連キーワードコンバイン千把・千歯稲作儀礼千歯扱き農耕儀礼腕っ扱き腕扱き扱き箸収穫祭扱きる扱き竹農具扱箸脱穀

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

扱きの関連情報