先輩(読み)せんぱい

精選版 日本国語大辞典「先輩」の解説

せん‐ぱい【先輩】

〘名〙
① 学問・技芸・経験・年齢・地位などが自分より上の人。
※本朝無題(1162‐64頃)四・春三題・序〈藤原周光〉「雖先輩之深於詩之者、未上宰之高什、驚傍人之衆目矣」
※評判記・色道大鏡(1678)一「禿となりて先輩(センハイ)にもつかへず」 〔詩経‐小雅・采薇〕
② 前任者。
※宮寺縁事抄‐文治二年(1186)八月一五日・中原師尚勘文案「異他之勤、旁勝先輩、殊功之修、何無哀矜
③ 同じ学校に先に入学・卒業した人。また、勤務先などで、先にはいった人。
※暑中休暇(1892)〈巖谷小波〉一「入江は先輩(センパイ)丈に何くれと世話を焼き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「先輩」の解説

せん‐ぱい【先輩】

《先に生まれた人の意》
年齢・地位・経験や学問・技芸などで、自分より上の人。⇔後輩
同じ学校や勤務先などに先に入った人。⇔後輩
[類語]学兄上長長上先達先学先覚学兄上司上官上役うわやく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「先輩」の解説

【先輩】せんぱい

年齢・地位の上位の人。劉禹錫〔歌者米嘉栄に与ふ〕詩 來の時世、先輩を輕んず 好んで髭鬚(ししゆ)を染めて、後生に事(つか)ふ

字通「先」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android