コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扱き帯 シゴキオビ

デジタル大辞泉の解説

しごき‐おび【扱き帯】

女性が、身長に合わせて着物をはしょり上げるのに用いる帯。一幅(ひとはば)の布を適当な長さに切り、くけたりしないで、そのまましごいて使う。腰ひも。
花嫁衣装や七五三盛装などに用いる飾りの一幅の布地をしごいて帯の下側に巻き、左後ろ脇に蝶結びにして垂らす。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しごきおび【扱き帯】

並幅の布を、そのまま用いる帯。兵児へこ帯・三尺帯など。元来は抱え帯。しごき。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

扱き帯の関連キーワード抱え帯しごき扱き並幅

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android