技能証(読み)ぎのうしょう

パラグライダー用語辞典「技能証」の解説

技能証

知識も含めパラグライダーの操作技術レベルを証明するシステムとして技能証制度がある。技能証制度はパラグライダー誕生以来、JHFが行ってきたが、2004年よりJPAが発足し独自の技能証制度もスタートした。技能証のレベルとして、JHFでは  A級/B級/ノビスパイロットNP)/パイロット(P)/クロスカントリーパイロット(XC)などがあり、JPAでは  パラメイト/ベーシックパイロット(B)/プライマリーパイロットPP)/パイロット(P)/エキスパートパイロット(EXP)となっている。いずれの場合も2004年現在、更新制度が無い為に一度取得すれば一生有効である。(将来は変わる可能性がある。)一般にライセンスとも呼ばれるが、技能証とはその技能を有している証しであって、免許証・許可証あるいは公的資格でもない。ただ、パラグライダーやハンググライダー界ではこの技能証制度が車の免許証のような扱われ方をしており、事実上ライセンスと考えても良いと思われる。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android