コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投釣り なげづり

百科事典マイペディアの解説

投釣り【なげづり】

投込(なげこみ)釣りとも。道糸(みちいと)を長くし,おもりをつけて針を遠くに投げ込んで釣る釣法。普通,スピニングリールを使うが,竿(さお)を用いずおもりを手で投げ込むこともある。
→関連項目釣りリール

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

投釣り
なげづり

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の投釣りの言及

【海釣り】より

…海水魚を対象にする釣り。磯釣り,防波堤釣り,船釣り,投釣りなどに分けられる。磯釣りは荒波の洗う岩場から釣るもので,イシダイ,モロコ,ヒラマサなどの大物釣り,メジナ,ブダイ,クロダイなどの中小物釣りが楽しめるが,危険も大きく,救命具の携行や単独行動をとらないなどの注意が必要である。…

【釣り】より

…スピニングリールは,釣糸が,糸巻きから前方にらせん状にでていくので,前の二つのリールとは違う。そして遠投しても釣糸がからまないという特徴をもつため,投釣りにはすべてこれが使われる。クローズドフェースリールもスピニングリールと同じ釣糸の出方をするが,さおに対して上向きにつけ,ルアーフィッシングなどに愛用される。…

※「投釣り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

投釣りの関連キーワード海釣り陸釣り