コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道糸 ミチイト

デジタル大辞泉の解説

みち‐いと【道糸】

釣りで、さお先から鉤素(はりす)をつなぐ所まで用いる糸。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みちいと【道糸】

釣りで、竿の穂先から仕掛けまたは鉤素はりすに至るまでの釣り糸の部分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の道糸の言及

【釣り】より

…日本の釣糸は号数で表示され0.1号がいちばん細く,数字が大きくなるにつれ太くなる。リールやさおにつける糸は道糸(ライン)と呼び,針を結ぶ糸ははりす(針素。リーダー)という。…

※「道糸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

道糸の関連キーワードルアーフィッシングシマアジ(海水魚)脈釣り・脈釣シマガツオ鉤素・鈎素ミャク釣り糸満(市)糸田(町)ワカサギシロギスカワハギレンギョヒラマサシログチイシダイニジマスタチウオ流し釣りてんから石橋宗吉

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android