コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜からぬ顔 ヌカラヌカオ

デジタル大辞泉の解説

抜(ぬ)からぬ顔

油断のない顔つき。また、そしらぬ顔。
「こりゃ何ぢゃと、おもやると言へば、―して」〈浮・諸艶大鑑・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬからぬかお【抜からぬ顔】

油断のない顔つき。抜けめのない顔つき。 「 -して、吉野の山を雪かと見ればと/浮世草子・諸艶大鑑 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

抜からぬ顔の関連キーワード浮世草子抜かる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android