油断(読み)ゆだん

精選版 日本国語大辞典「油断」の解説

ゆ‐だん【油断】

〘名〙 (語源未詳)
① 気をゆるすこと。たかをくくって、注意をおこたること。ぬかりがあること。不注意。
※延慶本平家(1309‐10)三末「夜軍はよもあらじ、夜あけて後ぞ軍はあらむずらむとて、ゆたむしたりける所に」
※虎明本狂言・竹の子(室町末‐近世初)「そうじて竹の子にかぎって、人がほしがる物じゃによって、ゆだんがならぬ」
② 怠けおこたること。物事をなおざりにすること。
※土井本周易抄(1477)二「断をせば、今日から明日の道は害があらうぞ」
※浮世草子・武家義理物語(1688)一「そもそも此女武道の油断(ユタン)をさせずして」
③ ゆったりとした気分をもつこと。四国地方でいう。
※一茶方言雑集(1819‐27頃)「ゆたんなされ 四国 ゆるりとござれと云事」
[語誌]①に挙げた「延慶本平家」に見える「ゆたむ」が早い用例である。「平家」諸本において、この箇所の表現が同じであるのは「長門本平家‐一三」だけで、「屋代本平家‐七」では「打解(うちとけ)たる」、「源平盛衰記‐二九」では「取延(とりのべ)て」と表現されている。また、延慶本全体での用例はこの一例だけで、「保元」「平治」「覚一本平家」にも用例は見えないところから、それほど一般的ではなかったと考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「油断」の解説

ゆ‐だん【油断】

[名](スル)たかをくくって気を許し、注意を怠ること。「油断なく目を配る」「油断してしくじる」
[補説]「北本涅槃経」二二の「王、一臣に勅す、一油鉢を持ち、由中を経て過ぎよ、傾覆することなかれ、もし一滴を棄せば、まさに汝の命を断つべし」からという。一説に「ゆた(寛)に」の音変化とも。
[類語]見過ごす見逃す見損なう見失う見落とす見損ずる見忘れる気を抜く不覚不注意不用意すき目を離す目を逸らす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳「油断」の解説

油断

日本では気を緩めること。中国では油が切れること。「加油!」は「がんばれ!」。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android