コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜き差し ヌキサシ

デジタル大辞泉の解説

ぬき‐さし【抜き差し】

[名](スル)
抜き出すことと差し込むこと。「抜き差ししにくいコンセント」
身動きすること。やりくりすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

抜き差しの関連キーワード引き出し・引出し・抽き出し・抽斗ExpressCard抜き差し・抜差しダブル・バインド制御棒抜き再起動スクラップブック角落とし・角落しアクセスランププラトリーニSIMカードケベック問題鐺が詰まる退屈な部屋橋のない川コンセントジャンパー非接触充電印パ関係知恵の輪活版印刷

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抜き差しの関連情報