コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拝み オガミ

デジタル大辞泉の解説

おがみ〔をがみ〕【拝み】

拝むこと。礼拝。
《合掌した手の形に似ているところから》破風板(はふいた)などが中央で接する所。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おがみ【拝み】

おがむこと。礼拝。
破風板はふいた・垂木など傾斜した二材の合う所。合掌した手の先のような形なのでいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の拝みの言及

【破風】より

…江戸時代の書では千鳥破風を障泥(あおり)破風とし,切妻破風の前後に招き破風を設けた形式を千鳥破風としたものもある。破風は上部の合掌に組んだ部分を〈拝み〉,下部の両端を〈破風尻〉(または〈こじり〉)といい,拝みには懸魚(げぎよ)を付ける。元来破風は神明造本殿の切妻破風に見られるように,直破風で上端が屋根上に突き出て千木(ちぎ)になっていたと考えられるが,飛鳥時代に伝来した寺院建築で反り破風が用いられ,その後種々の形のものが考え出された。…

※「拝み」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

拝みの関連キーワード礼賛・礼讃・礼讚木幡の幡祭り是非も知らずのんのんばあ泉(熊本県)南無・南謨掴み・摑みウシデーク仙石政辰立ち居る百度参りプリーツ天道念仏辻谷嘉真三河仏壇手寄せにたよせにしゃっ面いざ給えたくる

拝みの関連情報