礼拝(読み)らいはい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「礼拝」の解説

礼拝
らいはい

神仏などの信仰対象を拝むこと,またその様式儀式をいう。 (1) 仏教ではサンスクリット語の namas-kāra (那謨悉羯羅と音写) の訳として用いられる。身体で恭敬を表現すること。一,三,九拝などがあり,『大唐西域記』巻第2には,発言慰問,俯首示敬,挙手高揖,合掌平拱,屈膝,長跪,手膝踞地,五輪倶屈,五体投地の9種の様式が数えられている。 (2) キリスト教では「れいはい」といい,万物の創造主である神への絶対的依存と帰依を表明する行為をいい,ただ神にのみ捧げられ,聖者などへの崇敬とは厳密に区別されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「礼拝」の解説

礼拝【れいはい】

神仏などの信仰・崇拝対象を拝む行為およびその様式・儀式をいい,英語ではworshipないしcult。一般に神霊の怒りを免れ,恩寵(おんちょう)を祈願し,また感謝の意を表すのが目的。合掌,低頭,跪坐(きざ)などの様式があり,祈祷(きとう),供犠,誦唱(じゅしょう),賛歌などの儀式を伴う。仏教では〈らいはい〉と読み,法要などで仏を拝む行為およびその様式の意。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「礼拝」の解説

らい‐はい【礼拝】

〘名〙 (「らい」は「礼」の呉音) 礼しておがむこと。特に、仏教では、合掌したり、ひざまずいたり、五体投地したりするなど、種々の礼法がある。れいはい。
※続日本紀‐天平二〇年(749)二月丁酉「巷无居人。争来礼拝」
※真如観(鎌倉初)「一切衆生身中に仏性ありと信じて、礼拝(ライハイ)して讚歎せしかば」

れい‐はい【礼拝】

〘名〙
① 神仏などを拝むこと。らいはい。〔文明本節用集(室町中)〕 〔漢武故事〕
② キリスト教で、人間が神に崇敬のを表わす行為。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「礼拝」の解説

れい‐はい【礼拝】

[名](スル)
神仏などを拝むこと。
キリスト教で、神の賛美と祈祷(きとう)。教会での礼拝はこれとともに聖餐(せいさん)説教が中心となる。
[補説]仏教では「らいはい」という。→らいはい(礼拝)

らい‐はい【礼拝】

[名](スル)神仏を敬って拝むこと。特に仏教で、仏・菩薩(ぼさつ)に合掌低頭して敬意を表すこと。→れいはい(礼拝)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「礼拝」の解説

れいはい【礼拝 worship】

一般に,信仰対象や人格対象に対して信順・帰依・感謝の気持をあらわす行為。仏教では〈らいはい〉と読むことが多い。普通,低頭,合掌,拍手祈り,読経(どきよう)などをともなう。公的な場において儀礼的,形式的に行われることもあれば(公的礼拝),単独に個人の信仰の深みから行われることもある(私的礼拝)。このように礼拝は,崇拝が純粋に宗教的であるのに対して,聖と俗の両面にかかわっているところに特徴がみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の礼拝の言及

【礼拝】より

…普通,低頭,合掌,拍手,祈り,読経(どきよう)などをともなう。公的な場において儀礼的,形式的に行われることもあれば(公的礼拝),単独に個人の信仰の深みから行われることもある(私的礼拝)。このように礼拝は,崇拝が純粋に宗教的であるのに対して,聖と俗の両面にかかわっているところに特徴がみられる。…

【寺事】より


[寺事と法要]
 寺事の中核となる法要は,何曲かの声明(しようみよう)と,特定の修法(しゆほう)や読経などを組み合わせて構成されている。その組合せ方によって種々の意義を表明しうるわけであり,これに礼拝行道(ぎようどう),呪法(呪師)などの所作を加えて,より意義を鮮明にし,儀礼としてのかたちを整えている。数多くの法要形式の中には,8世紀にすでに完成していたものもあり,現代の制作になる新しい法要形式もある。…

【年中行事】より

…【高橋 明】
[イスラム]
 イスラム教徒は,神への信仰を日常の行動のなかで具体的に表現することが求められ,イスラムはその意味で生活規範であり,イスラム教徒の行事は深くこれと結びついている。なかでも信徒の義務として五柱に挙げられている礼拝,断食,巡礼は,最も重要な行事であり,これらの行事を通じてイスラム共同体(ウンマ)の存在が確認される。たとえば,礼拝は各自1日5回これを行うことが定められているほか,毎週金曜日の正午には,町や村の中心となるモスク(ジャーミー)に集まり,イマームの指導のもとに集団礼拝を行う(この日はイスラム教徒の休日にあたる)。…

※「礼拝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android