拡散火炎(読み)カクサンカエン

デジタル大辞泉の解説

かくさん‐かえん〔クワクサンクワエン〕【拡散火炎】

可燃性気体が空気中に拡散しながら燃焼するときに現れる火炎。ろうそくの炎やガスバーナーの混合空気を減らしたときに見られる橙色の炎を指す。拡散炎。→予混合火炎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android