橙色(読み)だいだいいろ

色名がわかる辞典の解説

だいだいいろ【橙色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかな黄赤」としている。一般に、ミカン科ダイダイの熟した果実のような黄色みを帯びた薄いのこと。黄色と赤の中間の色ともいわれる。色名として使われるようになったのは近代とされる。JISの色彩規格ではオレンジ色と同色。現代では衣料品や日用雑貨など多くの商品に用いられる流行色となっている。また、橙は実を落とさずに年を越すところから「代々だいだい」とも称され、縁起のよい果実として正月飾りとなった。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

だいだいいろ【橙色】

黄色と赤色との中間色。オレンジ色。

とうしょく【橙色】

だいだい色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だいだい‐いろ【橙色】

〘名〙 熟した橙の実のように赤みがかった黄色。オレンジ色。だいだい。
※幻影の盾(1905)〈夏目漱石〉「広い海がほのぼのとあけて〈略〉橙色の日が浪から出る」

とう‐しょく タウ‥【橙色】

〘名〙 赤みを帯びた黄色。だいだい色。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

橙色の関連情報