コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挿し櫛 サシグシ

デジタル大辞泉の解説

さし‐ぐし【挿し×櫛】

女性が髪の飾りとして挿す象牙・べっこうなどで作るのは江戸時代以後。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さしぐし【挿し櫛】

(透き櫛・解き櫛などに対して)女が髪に挿す、飾りの櫛。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の挿し櫛の言及

【櫛】より

…古代の櫛は,縦長で歯の部分がとくに長く(竪櫛(たてぐし)),現在解き櫛として用いる横櫛(横に長い櫛)のように髪の毛をすき整えるには機能的ではない。おそらくヘアピンのように束ねた髷(まげ)を止めるための挿し櫛であったと思われる。種類は木製編歯(結歯)で漆塗りのもの,骨製挽歯(刻歯)のもの,竹製編歯の漆塗りのものなどがある。…

※「挿し櫛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

挿し櫛の関連キーワード櫛押さえ・櫛押え菖蒲の挿し櫛さ公達や解き櫛

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android