コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女性 ジョセイ

デジタル大辞泉の解説

じょ‐せい〔ヂヨ‐〕【女性】

おんな。婦人。女子。一般には、成人した女をいう。「女性の社会進出がめざましい」「女性編集者」⇔男性
インド‐ヨーロッパ語系の文法で、名詞・代名詞・形容詞などの性の区別の一。男性・中性に対する。
[用法]女性・婦人――「女人)の地位の向上」「女性(婦人)解放運動」など相通じて用いられる場合もある。◇「女性」は江戸時代までは「にょしょう」と読んだ。「じょせい」となったのは明治以降で、欧州語系の文法用語の、男性・中性・女性としてまず使われるようになったといわれる。◇「婦人」は古くからの語で、成人した女性、また人妻の意であった。多く文章語として用いられたが、明治以降は男と同等の社会的存在としての女を意味する語として使われるようになった。◇「女性」「婦人」の複合語は多く慣用によるものであり、互いに言い換えることのむずかしいものが多い。「女性的」「女性ホルモン」「婦人科(病)」「婦人警官」など。◇現在では「婦人」という語も女性差別を表す語であるとして、「女性」に言い換える傾向がある。東京都生活文化局の「婦人青少年部婦人計画課」は「女性青少年部女性計画課」と名称変更を行った。◇これらは、「女性(じょせい)」という語が最もあたらしく、かつ文法用語・学術用語として使われて、中立的であるからといえよう。

にょ‐しょう〔‐シヤウ〕【女性】

女の人。じょせい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょせい【女性】

おんな。婦人。 ↔ 男性 「 -の地位が向上する」
文法上の性の一。男性・中性に対する。 →

にょしょう【女性】

女として生まれたもの。おんな。じょせい。 「もし-にて候へば/平家 10

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

女性
じょせい

女性雑誌、文芸雑誌。1922年(大正11)5月~28年(昭和3)5月刊。通巻72冊。プラトン社発行。創刊号の「二十世紀は婦人の世紀」(巻頭言)、「婦人となる前に人間となれ」など、女性の精神生活、地位の向上発展を目ざしたが、まもなく文芸雑誌の傾向を強め、『苦楽』(プラトン社)とともに関東大震災後の文壇をリードした。執筆者の顔ぶれは多彩で、大正、昭和初期を通して活躍する主要な作家は、ほぼ顔をみせている。なかでも永井荷風『耳無草』(のち『隠居のこゞと』『下谷叢話(したやそうわ)』)、森田草平『輪廻(りんね)』、谷崎潤一郎『痴人(ちじん)の愛』後半、芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)『お時儀(じぎ)』、川端康成(やすなり)『文科大学挿話』、横光利一『春は馬車に乗つて』などが記憶される。[尾形国治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の女性の言及

【性】より

…自然性sexと明確に区別するために文法性とも呼ばれる。 たとえばインド・ヨーロッパ語族では,男性―女性の2性に区別されるタイプ(フランス語,イタリア語,スペイン語など)と,男性―女性―中性の三つを区別するタイプ(ギリシア語,ラテン語,ドイツ語,ロシア語など)が広くみられ,セム語族には前者のタイプのみが存在する。文法性の区別がその起源において,生物―無生物,また自然性の区別と結びついていたことは確かであろうが,現今みられる組織においては,そこに必ずしも一致しない例が多くみられる。…

【女人禁制】より

…性の原理に基づき一定の場所への女性の立入りを禁止する習俗。〈…きんぜい〉ともいう。…

※「女性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

女性の関連キーワードコンサートミストレスファーストハズバンドハンサムウーマンビジネスウーマンスポーツウーマンファムファタル女性の当選率生保レディーフェミニズムレズビアン婦人警察官レディース女性生殖器フリーダンフィーメルウィメンズレスビアンバレリーナシャペロン四十島田

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女性の関連情報