コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支那チベット諸語 シナチベットショゴ

デジタル大辞泉の解説

しなチベット‐しょご【支那チベット諸語】

東アジアに分布し、声調などの共通特徴を有する諸言語の総称。中国語・チベットビルマ語群・タイ語群などを含む。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しなチベットしょご【支那チベット諸語】

東南アジアから中央アジアにかけて広域に分布する諸言語。カム-タイ(タイ諸語など)、チベット-ビルマ(カチン、チベット、カナウリ、ロロ-ビルマ諸語など)、中国(粤えつ、呉、客家はつか、閩びん、北方語)、ミャオ-ヤオの四語群を数える。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone