コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射ボイラー ほうしゃボイラー

1件 の用語解説(放射ボイラーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

放射ボイラー【ほうしゃボイラー】

ボイラー本体の蒸発伝熱面がすべて水冷炉壁で構成される水管ボイラー。放射電熱のみで蒸発を行わせ,大規模火力発電用など大容量高温高圧蒸気発生用ボイラーに用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の放射ボイラーの言及

【ボイラー】より

…火力発電所用のような高圧,大容量のものでは高さが40mを超す大きなものとなり,ボイラー本体は空洞でボイラー本体の伝熱面は燃焼室を囲む水冷炉壁のみで構成されているのが特徴である。このように水冷炉壁の受ける放射伝熱だけで蒸発を行わせるものを放射ボイラーと呼ぶ。高さが大きくなるのは高圧で気液の密度差が少なくなって循環力が減るのを補うためである。…

※「放射ボイラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

放射ボイラーの関連キーワード煙管ボイラー水管ボイラー廃熱ボイラーボイラー丸ボイラーセクショナルボイラー田熊式ボイラー立ボイラーボイラーマンドルトンの蒸発則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone