コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文晁 ブンチョウ

大辞林 第三版の解説

ぶんちょう【文晁】

たに文晁

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文晁
ぶんちょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の文晁の言及

【谷文晁】より

…このころから精力的に旅をし,多くの文人墨客と交わって知己を得る。木村兼葭堂を知るのもこのころであり,やがて田能村竹田が文晁の門をたたき,亀田鵬斎や酒井抱一,市河米庵,菅茶山,立原翠軒,大田南畝(蜀山人)といった人たちとの交流がみられる。文晁は多作家ではあったが,なかでも寛政期(1789‐1801)には特に南宗,北宗(南宗画北宗画)の両画風を合わせた静謐な作風が目をひき,一般に〈寛政文晁〉と呼ばれて,画業の中の一時代を画している。…

※「文晁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

文晁の関連キーワード一立斎文車(3代)縮図(美術)亜欧堂田善目賀田介庵鈴木芙蓉藤田羅漢北山寒巌岡田閑林大西圭斎中村龍庵金子金陵魚住荊石福田浩湖佐藤玄覧榊原文翠松井峴山山形素真大野雲潭荒木寛畝根本愚洲

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文晁の関連情報