コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日向髪長媛 ひむかのかみながひめ

2件 の用語解説(日向髪長媛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日向髪長媛 ひむかのかみながひめ

髪長媛(かみながひめ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

日向髪長媛

生年:生没年不詳
仁徳天皇の妃。日向国諸県君牛諸井の娘。髪長媛は美人の誉れ高く,応神天皇に召し上げられたが,『日本書紀』応神天皇13年条によると,皇子の大鷦鷯尊(のちの仁徳天皇)に見染められて妃となった。別伝では,諸県君牛が老いて致仕するかわりに髪長媛を貢上したと伝える。仁徳天皇の妃として大草香皇子草香幡梭姫皇女を生む。諸県君は説話に登場する以外に確認できない氏族であり,髪長媛の実在も疑われる。諸県君に限らず九州南部の隼人などの豪族は娘を天皇家に入内させているが,『続日本紀』和銅3(710)年正月条には日向国が采女を貢上した記事があり,こうしたことの潤色かもしれない。

(小林茂文)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日向髪長媛の関連キーワード仁徳天皇陵磐之媛髪長媛品陀真若王御刀媛諸県牛諸井宅媛八田皇女倭吾子籠

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone