コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

みな

?-1863 幕末の女性。
武蔵(むさし)多摩郡(東京都)上川原村の農民,運平の妻。名主や義兄を相手どり,所有地小作料の横領,不正課税などで弘化(こうか)2年(1845)より夫とともに訴訟をおこす(運平・みな一件)。夫の没後もたたかいつづけ,嘉永(かえい)6年(1853)の示談成立後も村の支配層をなやませた。文久3年死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

みな

生年:生没年不詳
幕末期,武州多摩郡上川原村(昭島市)における,所持地不正利用,年貢賦課不正にかかわる訴訟「運平・みな一件」の中心人物。出身村不明。村役人や組合のものを相手取り,弘化2(1845)年から嘉永6(1853)年まで足かけ9年間の訴訟を示談成立まで,当初は上川原村の夫運平と共に,夫病死後はみなが主体となって闘った。女性がこのような訴訟の主体となること自体注目されるが,このような行為をとりつづけることができたのは,みなが村外者ゆえに,村の共同体的諸束縛にとらわれなかったこと,19世紀半ばという時代状況にも基因している。<参考文献>菅野則子「女と村と家」(『地方史研究』226号),『昭島市史』7編

(菅野則子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

みなの関連キーワード乙女子・少女子日向髪長媛何も彼にも河原左大臣近江丘陵多田満仲水銀条約源計子源封子源周子源頼茂源厳子源和子源朝子源親子源頼光源貞子源宜子源明子水戸祭

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

みなの関連情報