髪長媛(読み)かみながひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

髪長媛 かみながひめ

記・紀にみえる仁徳(にんとく)天皇の妃。
諸県牛諸井(もろがたの-うしもろい)の娘。「日本書紀」によれば,美貌のうわさがたかく,応神天皇13年天皇が使いをだしてむかえたが,皇子大鷦鷯尊(おおさざきのみこと)(のちの仁徳天皇)が媛に恋心をいだいたため皇子にあたえたという。大草香(おおくさかの)皇子,草香幡梭姫(くさかのはたびひめの)皇女を生んだ。日向(ひむかの)髪長媛とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

髪長媛の関連情報