コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日置弾正 へき だんじょう

朝日日本歴史人物事典の解説

日置弾正

没年:文亀2(1502)
生年:文安1(1444)
室町時代の弓術家。『本朝武芸小伝』には「大和(奈良県)の人,弓術中興の始祖」とある。弓術9流7派中,逸見流の高弟だった。『雑話筆記』によれば,伊賀(三重県)の柘植日置の生まれ。名は正次。土御門院の北面の武士となるが,病気で大和香久山に隠棲した。だが志を弓術に尽くし極意を得,諸国を巡るうち近江の吉田重賢に教えた。応仁の乱(1467~77)では,その弓術は大いに重宝がられた。その影響か出家し,高野山に登って瑠璃光坊威徳と号した。のち,再び吉田方に至り,秘伝を伝えてから旅に出たが,晩年は伊賀で過ごした。遊戯化していた古流弓術を変革し,戦国期に伝播させた功績は大きい。

(杉田幸三)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日置弾正の関連キーワード日置正次森川香山日置流竹林派雪荷派弓道

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android