コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日置弾正 へき だんじょう

2件 の用語解説(日置弾正の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日置弾正 へき-だんじょう

日置正次(へき-まさつぐ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

日置弾正

没年:文亀2(1502)
生年:文安1(1444)
室町時代の弓術家。『本朝武芸小伝』には「大和(奈良県)の人,弓術中興の始祖」とある。弓術9流7派中,逸見流の高弟だった。『雑話筆記』によれば,伊賀(三重県)の柘植日置の生まれ。名は正次。土御門院の北面の武士となるが,病気で大和香久山に隠棲した。だが志を弓術に尽くし極意を得,諸国を巡るうち近江の吉田重賢に教えた。応仁の乱(1467~77)では,その弓術は大いに重宝がられた。その影響か出家し,高野山に登って瑠璃光坊威徳と号した。のち,再び吉田方に至り,秘伝を伝えてから旅に出たが,晩年は伊賀で過ごした。遊戯化していた古流弓術を変革し,戦国期に伝播させた功績は大きい。

(杉田幸三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日置弾正の関連キーワード大坪慶秀荒木元清石堂竹林坊片岡家清中山家吉原田七兵衛日夏繁高吉岡又三郎吉田茂氏吉田重賢

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone