コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日置正次 へき まさつぐ

1件 の用語解説(日置正次の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日置正次 へき-まさつぐ

1444-1502 室町-戦国時代の弓術家。
文安元年生まれ。日置流の祖。逸見(へんみ)流をまなぶ。諸国をめぐり,遊戯化していた古流弓術を改革した。弟子に吉田流をおこした吉田重賢(しげかた)がいる。文亀(ぶんき)2年死去。59歳。伊賀(いが)(三重県)出身。大和(奈良県)出身説もある。通称は弾正。法名は瑠璃光坊威徳(道以)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日置正次の関連キーワード文安日置弾正赤松政秀茶室多鳩神社下学集嘉吉二中歴文安竹田城

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone