春秋庵(読み)しゅんじゅうあん

精選版 日本国語大辞典「春秋庵」の解説

しゅんじゅう‐あん シュンジウ‥【春秋庵】

江戸中期の俳人白雄(しらお)の庵号。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の春秋庵の言及

【白雄】より

…当時は白尾坊昨烏と号していたが,79年(安永8)の斗墨編《春興帖》に初めて白雄の号が見える。諸国を旅し,関東から信州にかけて多くの門弟を育て,80年には江戸日本橋に春秋庵を開き,《春秋稿》初編~第5編を次々に刊行して俳壇に一勢力を築いた。師鳥酔の説をつぎ,俗を離れて自然の雅趣を重んじることを唱えた。…

※「春秋庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android