春紫菀(読み)ハルジオン

大辞林 第三版の解説

はるじおん【春紫菀】

キク科の二年草。北アメリカ原産の帰化植物で、都市近郊に多い。高さ約40センチメートル。葉は細長い楕円形で茎を抱く。4~6月、枝頂に中心が黄色の白色の頭状花を多数つける。ヒメジョオンに似るが、葉の形状やつき方が異なり、蕾つぼみは下垂する。春女菀はるじよおん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

春紫菀 (ハルジオン)

学名:Erigeron philadelphicus
植物。キク科の多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android