春女菀(読み)ハルジョオン

デジタル大辞泉の解説

はる‐じょおん〔‐ヂヨヲン〕【春女×菀】

キク科の二年草。高さ30~60センチ。全体がヒメジョオンに似るが、は中空で、葉の基部は茎を抱き、5月ごろ開花。花は紅がかった白色で、つぼみのときはうなだれている。北アメリカの原産で、日本には大正年間に帰化し、主に関東地方にみられる。春紫菀(はるじおん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android