春女菀(読み)ハルジョオン

デジタル大辞泉の解説

はる‐じょおん〔‐ヂヨヲン〕【春女×菀】

キク科の二年草。高さ30~60センチ。全体がヒメジョオンに似るが、は中空で、葉の基部は茎を抱き、5月ごろ開花。花は紅がかった白色で、つぼみのときはうなだれている。北アメリカの原産で、日本には大正年間に帰化し、主に関東地方にみられる。春紫菀(はるじおん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android