コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普通葉 フツウヨウ

デジタル大辞泉の解説

ふつう‐よう〔‐エフ〕【普通葉】

同化作用を営むことを主な役割とする、典型的な。変形葉に対していう。同化葉。尋常葉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふつうよう【普通葉】

葉本来の形態および機能をもつ通常の葉。苞葉ほうよう・鱗片葉・花葉・捕虫葉などの変態した葉に対していう。尋常葉。同化葉。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

普通葉の関連キーワードスズムシソウ(ラン科)ホテイラン(布袋蘭)テンナンショウグンバイムシイワタバコ科ブルーサイトバラノプス種子植物被子植物ロゼットカキラン同化作用鱗片葉匍匐茎胞子葉稲熱病前出葉異形葉捕虫葉植物

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android