コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暖水プール だんすいぷーる warm water pool

1件 の用語解説(暖水プールの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

暖水プール

熱帯太平洋では、平常時には東から吹く貿易風によって赤道付近の温かい表層海水が、西側のインドネシア海域に吹き寄せられて29℃に達する暖水の溜り(warm water pool)を作り、海面高度も上昇する。その上の大気には上昇気流を生じて低気圧となり、雨を降らす。この状態が極端になると東風が弱まって暖水が東向きに動き出してペルー沖に異常を引き起こし、エルニーニョとなる。同様に暖水プールと暖水・冷水間の東西シーソー現象がインド洋にも発生し、ダイポール・モード(dipole mode)現象と呼ぶ。日本の猛暑・暖冬などの異常気象は、エルニーニョとダイポール・モードとの関係が深い。両者は、同時に起こる年もあるし、一方だけが発生することもある。

(小林和男 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

暖水プールの関連キーワード北赤道海流サイクロン赤道反流ニシン南東貿易風南東風山背辰巳亜熱帯循環中央水

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone