曇らはし(読み)クモラワシ

デジタル大辞泉の解説

くもらわ・し〔くもらはし〕【曇らはし】

[形シク]曇っているようである。くすんでいる。
「空の気色、―・しくをかしきに」〈更級

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くもらわし【曇らはし】

( 形シク )
曇ったようすをしている。また、曇り空の色のようである。 「そら色の紙の-・しきに書い給へり/源氏 澪標

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android