コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

更級日記 さらしなにっき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

更級日記
さらしなにっき

平安時代中期の日記文学菅原孝標女 (すがわらのたかすえのむすめ) の著。寛仁4 (1020) 年 13歳のとき,任果てて上総から帰京する父に伴われての旅から,ほぼ 40年間のことを,康平1 (58) 年に夫の橘俊通に死別したのちの寂寥のなかで記した回想記。前半,少女時代には,物語,特に『源氏物語』への強い憧憬を記しており,竹芝伝説なども書きとめている。近親者との別離や死別,あるいは宮仕え,結婚を経て,現実に落胆しながらも,夢や,狂おしいまでの物詣でを繰返し記して,神仏に頼みをかける。常に何かに憧憬し期待して生きた女の生涯の記録で,平安時代中期の下級貴族の娘の生活記録としても貴重。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

更級日記【さらしなにっき】

平安後期の日記文学。1巻。作者は菅原孝標女(たかすえのむすめ)。成立は1060年ごろとみられる。13歳の,父の任国上総(かずさ)から帰京する旅行記に始まり,物語愛好のこと,とくに《源氏物語》を耽読してすごした夢見がちな娘時代,継母との離別や姉・乳母との死別などによって崩れ去る夢,宮仕えや結婚後の生活,夫死後のさびしい寡居生活に至る,約40年間のさまざまな思い出をしるしている。
→関連項目宇治吹田浜松中納言物語

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さらしなにっき【更級日記】

平安朝の日記文学。1巻。作者は菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)。作者は上総介であった父孝標とともに東国に過ごし,1020年(寛仁4),任期満ちた父とともに帰京の途につくが,その年から起筆し,59年(康平2)ころまでのことを記しているので,その年以後まもなく成立したと考えられる。〈あづま路の道のはてよりもなほ奥つかたに生ひ出でたる人,いかばかりかはあやしかりけむを……〉と,東国に生い立った自分を第三人称で書き起こし,そのころの作者が姉や継母によって語られるさまざまの物語,ことに《源氏物語》によって空想をかきたてられ,早く上京して多くの物語を見たいという熱い願いを抱きつづけたことをまず述べているが,やがて念願かなって13歳の年に上京の日が到来する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さらしなにっき【更級日記】

日記。一巻。菅原孝標女たかすえのむすめ作。1059年頃成立。物語に傾倒した少女時代から、宮仕え、結婚生活を経て、寡婦かふとなった晩年までの約40年間を回想的に綴る。浪漫的な少女の精神形成が跡づけられ、夢に関する記事が多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

更級日記
さらしなにっき

平安中期の日記文学。1巻。菅原孝標(すがわらのたかすえのむすめ)作。1060年(康平3)ごろ成立。作者13歳のおり、父の任地上総(かずさ)国(千葉県中央部)から帰京する旅の記録に筆をおこし、以後40余年に及ぶ半生を自伝的に回想した記録。幼いころ草深い東国ではぐくまれた物語世界への幻想が、成長してのち体験した厳しい現実のなかで挫折(ざせつ)し、老残の境涯のなか、ついに信仰の世界に魂の安住を求めようとするまでの精神遍歴が描き出されている。旅の記録は、分量的にも日記全体の5分の1ほどを占め、さらに竹芝(たけしば)寺の伝承をはじめとする土俗的な話柄が取り収められるなど、叙述のうえでも注目される。帰京後の作者の生活は、『源氏物語』をはじめとする物語世界への耽溺(たんでき)の姿勢が強調される一方で、それを牽制(けんせい)しようとする宗教的な意識との葛藤(かっとう)のなかに描き出されており、そうしたなかで与えられるさまざまな夢の啓示がその精神遍歴の道筋を示している。不如意な現実がたび重なるなかで作者は宮仕えに出るが、期待した幸運は訪れず、結局は平凡な受領(ずりょう)の妻としての生活を得るにとどまった。しかし、一見安穏にみえたその生活は夫の死とともに瓦解(がかい)し、作者は仏の救済にすべてを託す心境に至ったことを記している。そこに作者の回心の過程をみいだせるわけだが、物語世界への幻想も仏の救済への信仰も、ともに仮構された非現実の世界への憧憬(しょうけい)である点で変わりはなく、むしろ最晩年の孤独な境涯のなかに、人生のはかなさをかみしめる作者の諦観(ていかん)が示されている点に注目されるものがある。
 なお、本書の伝存する諸本はすべて藤原定家(ていか)書写の御物本に源を発しており、別系統のものは1本も発見されていない。[多田一臣]
『犬養廉他校注・訳『日本古典文学全集18 更級日記他』(1971・小学館) ▽関根慶子訳注『更級日記』上下(講談社学術文庫) ▽秋山虔校注『新潮日本古典集成 更級日記』(1980・新潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の更級日記の言及

【源氏物語】より

…草子地は《源氏物語》の表現性を多元的に拡大するための重要な手段なのである。
[本文史,研究史]
 作者の執筆過程には不明な点が多いが,確実に分かっているのは,1008年(寛弘5)11月以前に少なくとも若紫巻まではでき上がっていたことと,《更級日記》には,1021年(治安1)に菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)は叔母からその54帖をもらい受けたとあることである。その完成は1010年代の初めころであろう。…

※「更級日記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

更級日記の関連キーワード大森 安仁子讃岐典侍日記玉井 幸助スギ(杉)藤原道綱母上総の国府紫式部日記西下 経一小山やす子佐多 芳郎夜半の寝覚藤原倫寧田子ノ浦玉井幸助紀行文学菅原在良自叙伝絵巻物宿場

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android