気色(読み)キショク

デジタル大辞泉の解説

き‐しょく【気色】

心の状態が外面にあらわれたようす。顔色。表情。きそく。「気色をうかがう」

㋐あるものにいだく感じ。気持ち。気分。「爬虫類はあまり気色のよいものではない」
㋑病気などの身体的状態によってもたらされる気分。体調。容態。「気色がすぐれない」
㋒ある事柄に対する意向。内意。要望。
「さるにてもこれへ、と御―ありければ」〈平家・二〉
風や雲の動きに表れる大気のようす。きそく。
「風雲の―常に違ふことあり」〈続紀元正

き‐そく【気色】

きしょく(気色)」に同じ。
「仏法知りたる―し」〈徒然・八〇〉

け‐しき【気色】

物事のようす。自然界のありさま。
「寺の内(なか)の―は違ったものだと思ったよ」〈藤村破戒
何かをしようとする、また、何かが起ころうとする、きざし。けはい。「居座って、帰る気色も見えない」
表情や態度に現れた心のようす。顔色。「物思う気色」「気色をうかがう」
それとなく示される内意。意向。
「春宮(とうぐう)よりも御―あるを」〈・桐壺〉
わずかに感じられるようす。ほんの少し。
「―にても漏り聞かせ給ふことあらば」〈・若菜下〉
上位者の受け。おぼえ。
「御―よきぬし侍りけり」〈著聞集・一六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

占い用語集の解説

気色

人相学においては、顔の表面に現れる白い線のことを指す。「気色線」とも呼ばれる。線が現れている位置によって、何に関する問題が出ているのかを判断する。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

きしょく【気色】

〔「きそく」とも〕
顔などに現れた、心の内面の様子。快・不快の気持ち。 「 -をうかがう」
物事や人などに対して抱く、気分。 「幾干いくらか-を直して/婦系図 鏡花
(顔色・表情などに現れた)体の状態。また、病状。 「 -がすぐれない」
意向。意志。 「鎌倉殿の御-も其儀でこそ候へ/平家 12
あたりの様子。ありさま。 「風雲-常に違ふこと有り/続紀 養老五
改まった様子をすること。 「光頼卿笏取直し、-して/平治
[句項目] 気色が悪い

けしき【気色】

おもてにあらわれでた心の動き。顔色や態度など。また、機嫌。 「臆する-もなく進み出た」 「 -を柔げて詞を掛けた/青年 鷗外
何かが起ころうとする気配。きざし。 「雨は止む-もない」
物事のありさま。自然のたたずまい。光景。 「今日、風雲の-はなはだ悪し/土左」 「物詣での-とは見えさぶらはず/平家 12
意向をほのめかすこと。また、内諾。 「世にかく漏り聞えたるに院の御-のいといみじきなり/栄花 玉のむら菊
内情をほのかに示す、わずかなしるし。 「 -な見せそ、とて笑はせ給ふ/枕草子 49
目上の人から受けている信頼・寵愛など。 「日ごろの御-も違ひ、昇進もし給はざりけり/徒然 128
[句項目] 気色あり 気色覚ゆ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐しょく【気色】

〘名〙
[一] 物の外面にあらわれた様子、有様。外形の表情。きそく。
① 物の外面の様子。有様。物の姿。
※菅家文草(900頃)一・翫秋花「馨香畏減凄凉雨、気色嫌傷晩暮風」
② 風や雲のたたずまいにあらわれた前兆。風や雲の動きに見える物のきざし。
※続日本紀‐養老五年(721)二月甲午「亦猶風雲気色、有于常」 〔春秋左伝注‐僖公五年〕
③ 顔面にあらわれた表情。顔色。
※太平記(14C後)一三「藪に捨てたる御頸を取挙げたるに〈略〉只元の気色(キショク)に見えさせ給へば」
※阿部一族(1913)〈森鴎外〉「長十郎の顔は晴晴した気色(キショク)になった」
④ ひとに対する態度。
※曾我物語(南北朝頃)一〇「事とも思はざるきしょくして、御つぼの内へぞ引入れられける」
⑤ (━する) 様子をつくろうこと。改まった顔つきをすること。また、その様子や顔つき。
※陽明文庫本平治(1220頃か)上「光頼卿笏取直し、気色(キショク)して」
[二] 表にあらわれた心の内面の様子、有様。きそく。
① 感情の状態。気分。機嫌。気持。
※平家(13C前)二「明雲は法皇の御気色(キショク)〈高良本ルビ〉あしかりければ、印鑰(いんやく)をかへしたてまつて、座主を辞し申さる」
※浄瑠璃・用明天皇職人鑑(1705)一「王子大きに気色(キショク)をそんじ」
② ある事柄に対する意向。要望。内意。貴人について「御気色(ごきしょく)」の形でいうことが多い。きそく。
※高野本平家(13C前)二「さるにてもこれへと御気色(キショク)有ければ、参られたり」
③ 他人(多く目下のもの)に対する気分。特に「御気色」の形で、気持を受ける側から、おぼえ、寵愛(ちょうあい)の意。
※高野本平家(13C前)八「木曾左馬頭、院の御気色(ごキショク)悪うなると聞えしかば」
④ (━する) 怒りや不快などの強い感情をおもてに表わすこと。また、その心。憤慨。怒気。
※御伽草子・熊野の本地(室町末)「后たちにくはしく申しければ、ともかくも御返事もなかりけり。御首をも参らせ給はず。みかど大きに御きしょくありて」
⑤ 病気など、身体的不調によって乱された気分。また、気分のすぐれないこと。きそく。やまい。病気。
※虎寛本狂言・武悪(室町末‐近世初)「気色も段々に快う御ざるに依て」
⑥ (━する) 合図すること。自分の意志を人に伝えること。
※醍醐寺新要録(1620)「文安五年〈略〉令承仕燃指燭之後、向供僧、気色ス」
[語誌](1)「気色」は、呉音「けしき」と、漢音「きしょく」及びその直音化の「きそく」の三とおりの読みがなされる。「きそく」は平安後期以降用いられ、さらにやや遅れて「きしょく」が中世以降盛んに使用され、「きしょく」の多用に伴い、「きそく」は徐々に用いられなくなっていった。
(2)「けしき」が中古の仮名文学に多用され、和語のように意識されたのに対し、「きしょく」は漢語的な性質をもち、人の内面の状態そのものを表わすことが多い。→「けしき(気色)」「きそく(気色)」の語誌

き‐そく【気色】

〘名〙
① (━する) 外面に現われた様子。また、様子をつくろうこと。きしょく。
大鏡(12C前)三「心のままに、〈略〉きらめきあへりしきそくどもなど」
※平家(13C前)二「中門の廊へぞ出られける。そのきそくおほかたゆゆしうぞみえし」
浮世草子・新竹斎(1687)二「いかめしくきそくし胸(むな)いたをおしなで声作(こはづくり)してひかゆるに」
② 心の状態。気分。機嫌。きしょく。
狭衣物語(1069‐77頃か)一「御きそくよろしからねば」
③ 他に対する気持や意向、要望。内意。きしょく。
※大鏡(12C前)四「御前にまいり給て、御きそくたまはり給ければ」
④ 気分のすぐれないこと。病気。きしょく。
[語誌]漢語「気色」の漢音読み「きしょく」が直音化したもの。同様に「気色」から派生した「けしき」が平安初期から自然と人間の両方にわたって広く用いられたのに対し、「きそく」は平安中期を過ぎて、特に心内の気分や意向として用いられたが、鎌倉時代以降「きしょく」が一般化するにつれて衰えた。

け‐しき【気色】

〘名〙
[一] 物の外面の様子、有様。また、外見から受ける感じ。
① 自然界の有様。目にうつる情景から感じられるけはい。物の様子。
※続日本紀‐養老五年(721)二月甲午「亦猶風雲気色。有于常
※枕(10C終)三「正月一日は、まいて空のけしきもうらうらと、めづらしうかすみこめたるに」
② 顔にあらわれた表情。顔色。顔つき。また、人の容姿、態度、そぶりなどについてもいう。
※竹取(9C末‐10C初)「かくや姫のある所に至りて見れば、猶物思へるけしきなり」
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「悲しうあはれにおぼさるれど、けしきにも出だし給はず」
※俳諧・犬子集(1633)一一「敵よりも猶こはき女房 うはなりのいかり来にける其気色〈由己〉」
③ 物事があらわれるけはい。きざし。兆候。特に出産の兆候をいうことが多い。
※宇津保(970‐999頃)国譲中「いとたひらかに、男みこむまれ給へり。けしきもなくておはしつるほどにむまれ給へり」
④ すこしであるさま。わずかであるさま。いささか。→気色ばかり
※源氏(1001‐14頃)若菜下「かの君もいといたくおぢ憚りて、『けしきにても、漏り聞かせ給ふ事あらば』と、かしこまり聞こえ給ひし物を」
⑤ いっぷう変わった趣。興味をそそるようなさま。風流なさま。また、風流心。通常、「けしきあり」の形で使われる。
※宇津保(970‐999頃)楼上下「一院の上はけしきおはする御心にて」
⑥ あやしげな様子。ぶきみな感じのするさま。通常、「けしきあり」の形で使われる。
[二] 外から観察することのできる、心の内面の様子、有様。
① 外からうかがうことのできる、感情の起伏。きげん。気分。
※伊勢物語(10C前)六三「三郎なりける子なん、『よき御男ぞいでこむ』とあはするに、この女、けしきいとよし」
② 心中にいだく考えを内々に示すこと。また、その考え。意中。意向。
※平中(965頃)二七「ものいひつくべきたよりなかりければ、『いかなるたよりして、気色みせむ』と思ひて」
③ 特別に目をかけること。寵愛。おぼえ。
※落窪(10C後)四「げに少し物しと思へれど、親の御けしき得給ふ人の御有様、いふべきにあらねば、うちも出でず」
[補注]中古以前の漢文体の資料はどう読んでいたか明らかではないが「続日本紀」の例は参考のため、「きしょく」の項と重複してあげた。→きしょく
[語誌](1)「気色」の呉音読みによる語。和文中では、はやく平安初期から用いられているが、自然界の有様や人の様子や気持を表わす語として和語化していった。
(2)鎌倉時代以降、人の気分や気持を表わす意は漢音読みの「きそく」「きしょく」に譲り、「けしき」は現在のようにもっぱら自然界の様子を表わすようになった。それによって表記も近世になって「景色」があてられるようになる。→けしき(景色)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気色の関連情報