コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気色 キショク

6件 の用語解説(気色の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

き‐しょく【気色】

心の状態が外面にあらわれたようす。顔色。表情。きそく。「気色をうかがう」

㋐あるものにいだく感じ。気持ち。気分。「爬虫類はあまり気色のよいものではない」
㋑病気などの身体的状態によってもたらされる気分。体調。容態。「気色がすぐれない」
㋒ある事柄に対する意向。内意。要望。
風や雲の動きに表れる大気のようす。きそく。
「さるにてもこれへ、と御―ありければ」〈平家・二〉
「風雲の―常に違ふことあり」〈続紀・元正〉

き‐そく【気色】

きしょく(気色)」に同じ。
「仏法知りたる―し」〈徒然・八〇〉

け‐しき【気色】

物事のようす。自然界のありさま。
何かをしようとする、また、何かが起ころうとする、きざし。けはい。「居座って、帰る気色も見えない」
表情や態度に現れた心のようす。顔色。「物思う気色」「気色をうかがう」
それとなく示される内意。意向。
わずかに感じられるようす。ほんの少し。
上位者の受け。おぼえ。
「寺の内(なか)の―は違ったものだと思ったよ」〈藤村破戒
「春宮(とうぐう)よりも御―あるを」〈・桐壺〉
「―にても漏り聞かせ給ふことあらば」〈・若菜下〉
「御―よきぬし侍りけり」〈著聞集・一六〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集の解説

気色

人相学においては、顔の表面に現れる白い線のことを指す。「気色線」とも呼ばれる。線が現れている位置によって、何に関する問題が出ているのかを判断する。

出典|占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きしょく【気色】

〔「きそく」とも〕
顔などに現れた,心の内面の様子。快・不快の気持ち。 「 -をうかがう」
物事や人などに対して抱く,気分。 「幾干いくらか-を直して/婦系図 鏡花
(顔色・表情などに現れた)体の状態。また,病状。 「 -がすぐれない」
意向。意志。 「鎌倉殿の御-も其儀でこそ候へ/平家 12
あたりの様子。ありさま。 「風雲-常に違ふこと有り/続紀 養老五
改まった様子をすること。 「光頼卿笏取直し,-して/平治
[句項目]

けしき【気色】

おもてにあらわれでた心の動き。顔色や態度など。また,機嫌。 「臆する-もなく進み出た」 「 -を柔げて詞を掛けた/青年 鷗外
何かが起ころうとする気配。きざし。 「雨は止む-もない」
物事のありさま。自然のたたずまい。光景。 「今日,風雲の-はなはだ悪し/土左」 「物詣での-とは見えさぶらはず/平家 12
意向をほのめかすこと。また,内諾。 「世にかく漏り聞えたるに院の御-のいといみじきなり/栄花 玉のむら菊
内情をほのかに示す,わずかなしるし。 「 -な見せそ,とて笑はせ給ふ/枕草子 49
目上の人から受けている信頼・寵愛など。 「日ごろの御-も違ひ,昇進もし給はざりけり/徒然 128
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気色の関連キーワード事相有り様概観形容事柄事様事の様有様描く態様

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

気色の関連情報