有るにも有らず(読み)アルニモアラズ

デジタル大辞泉「有るにも有らず」の解説

有(あ)るにも有(あ)ら◦ず

生きているのかどうかもわからないような状態。また、気が転倒して正気を失った状態をいう。無我夢中だ。
「さりともと思ふらむこそ悲しけれ―◦ぬ身を知らずして」〈伊勢・六五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android