コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正気 ショウキ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐き〔シヤウ‐〕【正気】

正常な心。確かな意識。「正気を失う」「正気に返る」「正気の沙汰(さた)とは思えない」

せい‐き【正気】

天地間に存在するという、物事の根本をなす気。
正しい気風・気性。
「神州の―と申すべき有難き人々なり」〈染崎延房・近世紀聞〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

せいき【正気】

茨城の日本酒。蔵元の「軽部正紀」は慶応元年(1865)創業。所在地は桜川市真壁町東矢貝。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうき【正気】

平常の判断力をもっている状態。意識が確かなこと。 「 -の沙汰さたではない」

せいき【正気】

万象の根本たる天地に広がる気。至高・至大な天地の元気。
正しい意気。正しい気性。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

正気の関連キーワード一杯は人酒を飲む、二杯は酒酒を飲む、三杯は酒人を飲む取り落とす・取り落す有るにも有らず気が遠くなる気違い染みる酒人を吞む気が触れる物狂おしい物も覚えず喪心・喪神現事・顕事現し・顕し藤田東湖生き出づ正気の歌牛驥同皁気が付く我に返る気違い水忘ずる

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正気の関連情報