服部宗重(読み)はっとり むねしげ

朝日日本歴史人物事典の解説

服部宗重

没年:寛永5.11.21(1628.12.16)
生年:天文18(1549)
江戸初期の薩摩(鹿児島)藩煙草奉行。名産国分煙草の祖とされる。通称左近衛門。伊賀国(三重県)生まれ。父は兵部少輔宗宜。天正14(1586)年太守島津義久に召し抱えられ,慶長10(1605)年には義久の隼人城(国分市)への移転に近習として供奉,国分郷向花字梅木に居を定めた。武芸に加えて吹笛,謡舞も達者なことから寵遇されたのであろう。義久ともども愛煙家であった宗重は,付近で作る煙草の香がよいのは土質が適しているためと考え,同11年,近在の山内四郎左衛門と協力して梅木の地1段歩に煙草を試作し成功。当時,藩主島津家久は喫煙を禁じていたが,隠居中の実力者義久は近隣の地5町歩を与えてその功を賞し,煙草奉行に任じた。後年禁令がゆるむと,宗重は煙草作奨励に努めた。<参考文献>日本専売公社鹿児島地方局編『管内在来種の来歴と変遷』,「服部家文書」(国分市郷土館蔵)

(原口泉)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android