服部左近衛門(読み)はっとり さこんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部左近衛門 はっとり-さこんえもん

1549-1628 織豊-江戸時代前期の武士。
天文(てんぶん)18年生まれ。永禄(えいろく)のころ戦乱をさけて薩摩(さつま)(鹿児島県)にいき,島津義久につかえる。慶長11年(1606)義久の許可をえて大隅(おおすみ)国分郷(こくぶごう)梅木でタバコを栽培し成功,煙草奉行に任命された。国分煙草の元祖とされる。寛永5年11月21日死去。80歳。伊賀(いが)(三重県)出身。名は宗重。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android